経理処理の効率化とクラウド会計

当事務所では顧問先の経理処理の効率化を最重要課題と考えております。

特に、小規模の顧問先にはMFクラウド又はfreee等のクラウド系会計システムの導入を推奨しております。

これらのクラウド系ソフト推奨する理由は次のメリットが有るためです。

1 インターネットバンキング等のデータを取り込み仕訳を生成する

 従来であれば通帳記帳を行い、預金帳をコピーし、科目を確定し、会計ソフトに入力するという手順で処理をしていましたが、クラウド系会計システムでは預金の入出金のデータが取り込まれるため、科目等を入力すれば仕訳が生成されるため、時間の無い小規模事業者にとっては経理処理に費やす時間を短縮できるメリットがあります。
また、クレジットカードのデータも取り込みができるため、カードを使う会社は日々の経理処理についてさらに合理化ができます。
なお、現金帳については、クラウド会計ソフトに直接入力せず、Excel等で作成し、クラウド会計ソフトにアップロードすることで効率的に処理できます。

2 特別な会計ソフトをインストールすることなくデータ入力・閲覧ができる

 クラウド系会計ソフトはPC・スマホからデータ入力・閲覧ができるため、思い立ったときに経理処理ができるメリットがあります。
但しメンテナンスなどで急に使えなくなることもあるので、余裕をもって運用することが大事です。